メインコンテンツに移動

高等教育・学習革新センター

京都情報大学院大学の教育をサポートする拠点

高等教育・学習革新センター( Center for Teaching and Learning Excellence,略称:CTLE )を設置

本学には,様々なバックグラウンドを持った方々が進学します。このような多様な学生のそれぞれの学習や,昨今ニーズが増大しているハイブリッド授業等で重要となるのが「主体的学び(Active Learning)」という概念です。そのなかでのキーポイントは,「反転授業(Flipped Classroom)」と「省察的学習(Reflective Practice)」です。「反転授業」とは,学生が,教員によって配信される授業の動画やその教材をもとに,事前(授業時間外)学習を済ませた後,その予習で得た知識の理解をさらに深めるための学習活動を,授業時間内に,教員からの個別の指導や問題演習等を通して行うことを指します。また,「省察的学習」とは,学生が自らの学習過程を「振り返る」ことによって,より深い学びに繋げていくことです。本学の高等教育・学習革新センターは,反転授業における学習や省察的学習を,学生が主体的に行えるように支援する役割を担っています。「主体的学び」は,オンラインを活用したハイブリッド授業等においても重要視されており,高等教育・学習革新センターの意義はますます高まっています。

高等教育・学習革新センター
  • バックワードデザインに沿った授業設計
  • ICE(I:Ideas,C:Connections,E:Extensions)モデルを活用した授業の形成的アセスメント
  • ティーチング/ラーニング・ポートフォリオの研修
  • 学生による授業コンサルティング
本学におけるオンライン教育
反転授業の
導入
 
オンライン
授業方法の
問題点の分析と
改善策の提示
 
オンライン
授業の
開発
 

オンライン/eラーニングを最高度に活用したハイブリッド授業に対応
学ぶ側中心の授業の改善のさらなる促進

高等教育・学習革新センターの活動

高等教育・学習革新センターの活動は,「教育開発・改革」,「高等教育研究」,「学習促進」という三つの柱で主に構成されています。

「教育開発・改革」においては,バックワードデザインを踏まえた授業設計,ICEルーブリックを取り入れた評価方法の開発,授業でのアクティブラーニングの促進,ティーチング・ポートフォリオおよびラーニング・ポートフ ォリオの研修の企画・運営等を行っています。「高等教育研究」では,国内外の高等教育・学習の動向に関する調査と研究を行っています。「学習促進」においては,学生による授業コンサルティング(Students Consulting on Teaching,略称:SCOT)という,学生の視点からの授業の改善や質の向上の取り組みに関して研究を進めていきます。

学生のニーズを反映した授業開発に向けて

これまで,多くの大学の教員は,一般的に自身が作成した試験の問題を,学生がどの程度解答することができたかということを把握することしかしていませんでした。しかし,学期末試験で評価するだけでは,学生が真に学習し知識を修得したかどうかを判断することはできません。学生にとって最も大切な真の学習とは,「授業の後に,長期にわたって,知識・知恵として定着する学習」です。

現在の大学教育においては,学生に対する学習の質についてのフィードバックがほとんどないことが大きな問題となっています。フィードバックとは,学生の「授業における学習パフォーマンス」をどのように改善すべきかを,当該学生にきちんと伝えることを指します。仮に,「学期末試験」に基づいた最終的な学生への評価が無かったとしても,当該学生の学習それ自体は成り立ちますが,もし,上記の意味でのフィードバックが欠けていたならば,そもそも学習は成立しません。例えば,ある試験でどの問題を間違えたかを学生に伝えなかった場合,当該学生は,次に同様の試験を受けた際に,再び同じ間違いを繰り返し,結果として高い評価を得ることができなくなります。

本学では開学以来,「学生による授業評価」を行ってきました。この取り組みを,「学生の学習へのフィードバック」に結びつけ,学生のニーズを反映したより高度な授業を開発するために,高等教育・学習革新センターでは,「学生への授業のフィードバックの調査と対応」に着手しています。

この調査は,アメリカやカナダで使われているThe National Survey of Student Engagement(NSSE)をモデルとしています。この取り組みを通して,学生と教員の変容の可視化を目指しています。

よりよい授業を提供するために

本学では開学以来,「教員相互評価」を行っています。高等教育・学習革新センターではこの良き伝統である「教員相互評価」を,教員の授業改善に確実に繋げて本学教員の教育力をさらに高めるため,「教員相互メンタリング」という新たな手法を構想するに至りました。学生たちのニーズを満たさない授業については,教育学の専門家を中心として構成される高等教育・学習革新センターが,学生からの当該教員に対するコメントを回収して状況を把握します。そして,当該授業の担当教員へのコンサルティングを通じて,教員に対して授業方法の改善等のアドバイスを行います。それにより,教員は,より学生たちの立場に立った授業を提供できるようになります。また,アドバイス(参観)する側の教員にとっても,メンタリングの実施により,自身の授業の振り返りと授業力の向上に繋げていくことが可能となります。