メインコンテンツに移動

カリキュラム

カリキュラム・ポリシー(Curriculum Policy:教育課程の編成及び実施に関する方針)

本学では,その使命・目的に基づき,IT(ICT)スキルとマネジメントスキルとを兼ね備えた,ウェブビジネス分野で活躍できる高度専門職業人を育成するためのカリキュラムを実施する。

科目群

教授すべき科目の総体を,特定の専門領域に関する知識を深めることができるよう,体系付けグループ化されたコンセントレーション(Concentration)科目群,特定の業界についての専門・周辺知識学習や事例研究等も含め,技術の実践的活用を念頭に置いた産業分野(Industry)科目群,さらにヒューマンスキルや高度な理論,最先端技術動向について学ぶ共通選択科目群(Supporting Elective)に大別する。

履修モデルの編成と実施方式

学修の目的・志向に応じて,広範なIT関連知識の中で特定の分野において基礎から応用・実践まで広く深い専門知識を身につけることに重きを置き,系統立てた特定の分野の科目を集めた各コンセントレーション(Concentration)から,1つの分野を選択し学ぶものとする。これとは別に,多様な学生の個々の修学目的に応じた科目を選択する履修モデルとして一般IT(General IT)モデルも選択可能とする。コンセントレーションおよび一般ITモデル履修のなかで,ICTの適用分野である各種産業における個別の知識や問題発見・企画・設計力の養成・技術の実践的活用を目指す産業分野(Industry)を併せて選択して履修することもできる。

マスタープロジェクト(Master Project)

各種科目の履修と併せて,担当教員の指導のもとで様々なテーマを追求するマスタープロジェクトを遂行し,実践的な応用能力の育成を図る。

変化への対応

IT(ICT)分野の急速な発展に対応するため,高度専門職業人に必要とされるコンピテンシーの変化に合わせて,カリキュラムの見直しと更新を常に行う。