トップ » カリキュラム » コンセントレーション » ウェブシステム開発

ウェブシステム開発

概要

ウェブシステム開発には通例,企業のイントラネット上に設置される社内向けウェブサイトと,インターネット上で外部向けに公開されるウェブサイトの双方の制作が含まれます。一般的にウェブシステム開発者は,プログラミング言語やHTML5などのマークアップ言語を駆使してウェブサイトのコーディングを行いますが,その職務にはCMS(コンテンツ管理システム)も含まれます。このコンセントレーションでは,学生はウェブシステムのプログラミングやコーディングに加え,ネットワークの基礎についても学びます。

目指す人材像

  • 利便性の高いウェブサイトのデザイナー/プログラマ
  • 新サイト立ち上げや既存サイトの維持改良に携わるプロデューサー
  • 自社サイトの優位性の維持・向上を図るサイトマネージャー
  • 既存のウェブサービスやクラウドサービスを統合してアプリケーションを構築できるエンジニア

過去のマスタープロジェクトのテーマ

  • 日本語学習者を対象とした日本文学作品の読解支援サイト『JL文庫』の作成
  • 数式表示に特化した動的ウェブサイトの構築
  • PHPによるスマートフォン向けのアイディアシェアサイトの設計と開発
  • 漢字の学習能力向上ウェブゲームの製作
  • 遺伝的アルゴリズムによる複雑ネットワーク上のコスト付き汚染拡散最小化問題へのアプローチ

プロジェクト担当教員の声

江見圭司准教授

私の専門は,ウェブプログラミングや三次元CGのプログラミング,オブジェクト指向を用いた組込み開発を中心としたeラーニングシステムや教育システムの開発です。

本学は授業に参加して,先生や友人と実習したり話したりしているうちに自然と力がつくような空間です。課題に追われるだけでなく,自分自身の時間を持ち,読書などもして世の中について思索にふけると,情報技術がどのように世の中に貢献し,どのように世の中を変えていくのかが見えてくると思います。例えば,映像や音楽にも慣れ親しみつつ,それらにも使われている情報技術によってどのようなビジネスが可能になるかを考えると,開発知識のみならず,プロジェクト活動の方法も見えてくると思います。

さてIT業界では,常に新技術が登場し,先端技術の勉強をしながらプロジェクトを遂行するのが当たり前です。仕事だけとか勉強だけという状態はあり得ないのです。本学に入学した皆さんの中には「勉強」だけという理想的な状態にある方も多いと思います。「忙しい」などという言い訳をすることなく,忙しいなりに期限内に課題を仕上げてください。そうすることによって限られた時間で問題を発見してすばやく解決する方法を見つけることが可能になります。このような精神こそが,先端技術を応用していく専門家に求められます。がんばっていきましょう。