メインコンテンツに移動

音楽会「歌う喜びに隠された声づくりの秘密」を開催

ホール内の全員が声を出して楽しんだ音楽会「歌う喜びに隠された声づくりの秘密~YUBAメソッド:音痴も直り,歌が上手くなる発声法~」(2018年12月21日,KCG京都駅前校・KCGI京都駅前サテライト コンサートホール)
ホール内の全員が声を出して楽しんだ音楽会「歌う喜びに隠された声づくりの秘密~YUBAメソッド:音痴も直り,歌が上手くなる発声法~」(2018年12月21日,KCG京都駅前校・KCGI京都駅前サテライト コンサートホール)

京都コンピュータ学院(KCG),京都情報大学院大学(KCGI),京都自動車専門学校(KCGM)などKCGグループは2018年12月21日,KCG京都駅前校・KCGI京都駅前サテライト コンサートホールで,音楽会「歌う喜びに隠された声づくりの秘密 ~YUBAメソッド:音痴も直り,歌が上手くなる発声法~」を開催しました。声楽家で発声研究家の弓場徹さんが独唱とともに発声法のレクチャーを行い,ピアニストの阿部真理子さんが伴奏。ホールには学生のほか一般応募のお客様も大勢訪れ,弓場さんと一緒に声を出し,体も動かしながらの音楽を堪能しました。

まず,弓場さんが「世界一周」(V.ヤング作曲),「アマポーラ」(J.ラカジェ作曲),「マリウ,愛の言葉を」(C.A.ビクシオ作曲)を熱唱。米国で“一級の歌唱”と評された弓場さんののびやかな歌声と,声楽・器楽の伴奏者として活躍する阿部さんのピアノに,みな聴き入りました。

弓場さんは,発声を機能解剖学や生理学の視点から研究開発した新発声法「YUBAメソッド」が国内外で知られています。阿部さんは,機能解剖の研究に基づき疲労・障害予防のためのピアノ打鍵法を体系化した「YUBAピアノメソッド」を確立。独唱に続いてのレクチャーで弓場さんは「ウラ声の出し方」「オモテ声の出し方」「音域の拡げ方」などについて,広く知られた音楽を織り交ぜながら指導しました。

KCGグループは,専門技術のみならず学生の知性・感性涵養のため,一般教養の科目をカリキュラムに取り入れ,クラシックなど音楽コンサート,各種文化講演会,伝統芸能鑑賞会等も実施しています。これらのイベントは一般の方々にも鑑賞していただいています。

2018年のニュース

2017年のニュース

2016年のニュース

2015年のニュース

2014年のニュース

2013年のニュース

2012年のニュース

2011年のニュース

2010年のニュース

2009年のニュース

2008年のニュース

2007年のニュース