メインコンテンツに移動

京都国際マンガ・アニメフェア2012にKCGIとKCGが協賛・出展

京都情報大学院大学(KCGI)と京都コンピュータ学院(KCG)は,マンガ・アニメの祭典「京都国際マンガ・アニメフェア2012」(略称:京まふ)に出展することになりました。

京まふは京都市などが主催し,KCGIとKCGが協賛する西日本最大のマンガ・アニメの見本市です。9月21日(金)~23日(日),京都市左京区の京都市勧業館(みやこめっせ)を主会場に,出版社・アニメ制作会社・映像メーカー・放送局などが展示を行うほか,多彩なステージイベントが繰り広げられます。KCGIとKCGは学生作品を展示するほか,KCGIのアニメを対象とした講義の紹介をします。

また,京都市中京区の京都国際マンガミュージアムでは京まふの企画として,武田康廣・KCGI教授が取締役アニメーション製作本部長を務める製作会社ガイナックスの特別展「ガイナックス流アニメ作法 ~人の群れがアニメを創る!~」(開催期間:9月22日(土・祝)~12月24日(月・祝))が開かれます。22日にはそのオープニングイベントとしてトークセッション「~ガイナックス流アニメ作法を語る~」が行われ,武田教授も参加されます。

秋はマンガとアニメを楽しむのに絶好の季節。ぜひ皆さんお誘いあわせの上,京まふにお出かけください!

2019年のニュース

2018年のニュース

2017年のニュース

2016年のニュース

2015年のニュース

2014年のニュース

2013年のニュース

2012年のニュース

2011年のニュース

2010年のニュース

2009年のニュース

2008年のニュース

2007年のニュース