メインコンテンツに移動

「ウィーンピアノ四重奏団演奏会」を開催しました

音楽の都・ウィーンで活躍中の奏者による「ウィーンピアノ四重奏団演奏会」(2019年11月21日,KCG京都駅前校・KCGI京都駅前サテライトコンサートホール)
音楽の都・ウィーンで活躍中の奏者による「ウィーンピアノ四重奏団演奏会」(2019年11月21日,KCG京都駅前校・KCGI京都駅前サテライトコンサートホール)

京都コンピュータ学院(KCG),京都情報大学院大学(KCGI)などKCGグループは2019年11月21日,KCG京都駅前校・KCGI京都駅前サテライト コンサートホールで,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団メンバーなどによる「ウィーンピアノ四重奏団演奏会」第1部,第2部を開催しました。コンサートは日本・オーストリア友好150周年記念行事としてオーストリア大使館,オーストリア文化フォーラムの協力を得ています。ホールには学生のほか招待・一般のお客様も見え,音楽の都で活躍する一流奏者たちによる演奏を堪能しました。

四重奏団は陽子・フォゥグ(ピアノ)とヨァゲン・フォゥグ(チェロ)夫妻,ハラルド・クルンペックさん(ヴァイオリン),ロバート・バウエルスタッターさん(ヴィオラ)。陽子さんはウィーン国立音楽大学を最優秀の成績で卒業。ヨァゲンさんなどと共にヨーロッパ全土と日本で演奏活動を続けています。チェロ,ヴァイオリン,ヴィオラの3名はウィーン・フィルのメンバーです。

第1部,第2部を通じ演奏されたのは,日本・オーストリア友好150周年を記念してオーストリア外務省から委嘱され,ガブリエレ・プロイさんが作曲したピアノ四重奏曲「ササキア・カロンダ(大紫)」。ガブリエレさんはオーストリアで最も評価される現代作曲家の一人。このほか第1部でベートーヴェン「ピアノ四重奏曲変ホ長調 作品16」,第2部ではブラームス「ピアノ四重奏曲ト短調 作品25」が演奏されました。

KCGグループは,専門技術だけでなく,学生の知性・感性涵養のため一般教養科目をカリキュラムに取り入れ,クラシックなど音楽コンサート,各種文化講演会,伝統芸能鑑賞会等も実施しています。これらのイベントは一般の方々にも鑑賞していただいています。

2019年のニュース

2018年のニュース

2017年のニュース

2016年のニュース

2015年のニュース

2014年のニュース

2013年のニュース

2012年のニュース

2011年のニュース

2010年のニュース

2009年のニュース

2008年のニュース

2007年のニュース