メインコンテンツに移動

KCGでの京情協 新入社員向け研修が終了しました

KCGグループでの研修を終え修了証書を受けとる京情協新入社員の研修生 (2019年6月18日,KCG京都駅前校・KCGI京都駅前サテライト)
KCGグループでの研修を終え修了証書を受けとる京情協新入社員の研修生 (2019年6月18日,KCG京都駅前校・KCGI京都駅前サテライト)

京都コンピュータ学院(KCG)京都駅前校・京都情報大学院大学(KCGI)京都駅前サテライトを会場にした一般社団法人 京都府情報産業協会(京情協)の会員企業の2019年度新入社員向け研修が, 6月18日終了し,修了式と懇親会が執り行われました。

京情協は,KCGグループ長谷川亘統括理事長が会長を務める業界団体で,ITを利活用して京都府民の生活向上に寄与することを目的としています。研修は4月10日から始まり,会員企業4社から24人の新入社員が参加,KCGグループ教員の指導で,社会人としてのマナー研修とともに,プログラミング実習やデータベース実習などのIT関連の専門技術など,294時間の研修を積んできました。

5月半ばからは4人1チームで,社員紹介システム,診察予約システム,映画館予約システム,電車経路案内システム,レシピ紹介システム,書籍レビューシステムの6つのアプリケーション開発に当たり,最終日には,研修生の所属先企業の上司の方々にも出席していただき,その成果を披露しました。修了式では髙橋豊KCGグループ キャリアセンター長が研修生一人ひとりに修了証書を授与,その後には懇親会も開かれ,これからの実社会での活躍に期待を膨らませていました。

2018年のニュース

2017年のニュース

2016年のニュース

2015年のニュース

2014年のニュース

2013年のニュース

2012年のニュース

2011年のニュース

2010年のニュース

2009年のニュース

2008年のニュース

2007年のニュース