メインコンテンツに移動

KCG共催の「京まふ2019」に大勢の方がお越しくださいました!

京まふ2019の開幕を宣言する実行委員や来賓たち。左から3番目が長谷川亘KCGグループ統括理事長(9月21日)
京まふ2019の開幕を宣言する実行委員や来賓たち。左から3番目が長谷川亘KCGグループ統括理事長(9月21日)

KCGグループ(京都コンピュータ学院,京都情報大学院大学,京都自動車専門学校)が共催するマンガ・アニメ関連では西日本最大のコンベンション「京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)2019」(同実行委員会・京都市主催)は9月21日(土),22日(日)の両日,京都市勧業館(みやこめっせ)を中心に開かれました。KCGグループのブースではペンタブを使ったイベントを開催し,たくさんの方々にお越しいただきました。また,声優をゲストに招いての「声優魂in京まふ2019 ~声優魂近畿大会~」(KCGグループ協力)の決勝・審査結果の発表も盛り上がりました。

ロームシアター京都で開かれた21日のオープニングセレモニーでは,主催者側としてKCGグループの長谷川亘統括理事長が壇上で岡田 憲和 京都市副市長や松谷孝征 実行委員長(株式会社手塚プロダクション社長),声優の下野紘さんらとともに開幕を宣言しました。セレモニー冒頭では,京都アニメーション火災の被害者に黙祷を捧げました。

会場に設けたKCGブースでは,液晶ペンタブレットを使ってKCGマスコットキャラクター「きょこたん」に色を施し,うちわやポストカードに仕上げる「液タブ体験ワークショップ」を実施し,大勢の方に参加いただきました。初心者の方にもKCGブースのスタッフが丁寧に説明しました。KCGのLINE@に登録された方にプレゼントした「きょこたん」のクリアファイルも好評でした。

「声優魂in京まふ2019 ~声優魂近畿大会~」は,声優を志す中高生が集う声の祭典・国際声優コンテストへの出場権を目指します。120名以上の応募があり,京都コンピュータ学院 京都駅前校レコーディングスタジオや京都情報大学院大学 京都本校 百万遍キャンパスで実施された審査の通過者6名がこの日出席しました。声優の青山吉能さんをゲスト審査員に招き,イベント実行委員長の渡邉昭義 京都情報大学院大学教授,百田英生 一般社団法人 国際声優育成協会理事とともに,11月17日に東京で開催される第8回国際声優コンテスト「声優魂」本大会決勝審査に出場する最優秀賞1名を,さらに同時開催された京都市交通局の「地下鉄に乗るっ」キャラクター声優オーディションの受賞者4名を決めました。この後,青山さんのトークイベントがあり盛り上がりました。京都コンピュータ学院 情報処理科IT声優コースの学生2名が司会としてイベントの盛り上げ役を務めました。結果や詳細は「声優魂」のページをご覧ください。

声優魂
https://seidama.jp/

大勢の方々にお越しいただいた京まふのKCGブース(9月21~22日)
大勢の方々にお越しいただいた京まふのKCGブース(9月21~22日)
KCGブースの「液タブ体験ワークショップ」では,初心者の方にもスタッフが丁寧に説明しました
KCGブースの「液タブ体験ワークショップ」では,初心者の方にもスタッフが丁寧に説明しました
「声優魂in京まふ」では,審査の通過者が,本大会決勝審査への出場を目指しました。最後に全員で記念撮影しました(9月22日)
「声優魂in京まふ」では,審査の通過者が,本大会決勝審査への出場を目指しました。最後に全員で記念撮影しました(9月22日)
声優魂のイベントでは,KCG情報処理科IT声優コースの学生が司会役として活躍しました
声優魂のイベントでは,KCG情報処理科IT声優コースの学生が司会役として活躍しました

2019年のニュース

2018年のニュース

2017年のニュース

2016年のニュース

2015年のニュース

2014年のニュース

2013年のニュース

2012年のニュース

2011年のニュース

2010年のニュース

2009年のニュース

2008年のニュース

2007年のニュース