メインコンテンツに移動

情報技術の音楽,アニメ,農業分野における応用を学ぶ公開講座を開催

2016年第2回公開講座

あらゆる産業においてICT化が進んでいることを受け,京都情報大学院大学ではより身近に最先端のビジネスモデルや情報通信技術に親しんでもらおうと5月から公開講座を開講します。

アニメ製作がデジタル化されてどう変わったか,そのビジネスモデルや法律について学ぶ「コンテンツ産業特論」(6月4日)や,ICTや異業種とのコラボレーションによりもたらされる新しいスタイルの農業に注目する「次世代農業情報学」(6月25日)のほか,ロックバンド「摩天楼オペラ」キーボード担当の彩雨(京都情報大学院大学客員教授)による音楽にまつわるテクノロジーの歴史と未来を紐解く講義「音楽とテクノロジー」(7月10日)などがあります。

また,初めてスマートフォンアプリの開発にチャレンジされたい方や,モバイルサイトの制作に挑戦したい初心者向けの講座もご用意しています。

会場は,京都本校,京都駅前サテライトに加え,一部の講義では東京,札幌にあるサテライトキャンパスでも受講いただけます。詳しくは下のリンクより2016年第2回公開講座のページをご参照ください。日本最初のIT専門職大学院である本学の公開講座を通じて,少しでもICTを身近にし,スキルアップしていただければ幸いです。

2018年のニュース

2017年のニュース

2016年のニュース

2015年のニュース

2014年のニュース

2013年のニュース

2012年のニュース

2011年のニュース

2010年のニュース

2009年のニュース

2008年のニュース

2007年のニュース